医療費控除について

◎医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族が一年間に支払った医療費の総額に応じて還付申告をすると
所得税が還付されるものです。

医療費総額から補填保険金を引き、そこから「10万円」か「所得の5%」の
いずれか少ない金額をさらに差し引いたもの
が控除対象の金額となります。

(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考え下さい。)

医療費控除の説明


◎補填保険金とは?

1、社会保険などから支給を受ける医療費、出産育児一時金など

2、医療費の補填を目的として事故の加害者から支払われる損害賠償金や
  生命保険契約などの医療保険金、医療費給付金など

・医療控除により軽減される税額は、その人に適用される税率により異なります。

◎手続きは?

一般の給与所得者は「還付申請」(3/5以降もOK)、それ以外のひとは「確定申告」。
確定申告の期間中でなくても可能ですし、忘れていた場合も5年間までさかのぼって申請することができます。

医療費控除に関して簡潔にご説明しましたが、詳細は税務署へお問い合わせください。

計算式がいろいろ出てきて面倒な感じがしますが、やってみると意外に簡単ですよ。


ご予約・お問い合わせ 06-6491-6480

お問い合わせメールフォームへ