小児歯科

三つ子の魂百までとことわざにありますが、子供の頃の生活習慣は、
その後の人生に引き継がれます。

好きな食べ物、お口の中の環境といった歯科に関することも同じです。

乳歯の段階で虫歯になりにくい状態を作ってあげればその子は生涯虫歯から
解放されるかもしれないのです。

しかし、小さなお子様に予防のことは理解できませんね。

そこで、ご家族の方に子供の歯や予防について正しい知識をもつことで
お子さまのお口の健康を守る第一歩となります。

◎虫歯菌は感染症??

実は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在しません。

多くの場合乳歯が生え始めてから、大人から感染するのです。

親御さんに虫歯が多ければその子供も虫歯が多くなる傾向に
あるのはこの為です。

3才位まで(乳歯が生えそろう位)は口うつしの食事スプーンなどは
別にしてあげるだけでも感染のリスクは下がります。

…じゃあキスもだめなの??

という声が聞こえてきそうですが唇同士のキスはやはりうつります。

とはいってもスキンシップは大切です。

ホッペにチュッくらいにとどめておきましょう!

◎予防方法

○正しい歯みがき
○フッ素で歯を強くする
○だらだらお菓子や飲み物を与えない
○小さいうちは食器は大人と区別して下さい
○何より歯医者さんで定期健診をうけて正しい知識と習慣を!
○シーラントをする。

シーラントの説明

お子様の受診の際の注意点

※歯医者に行くだけで泣いて暴れる
※毎回つれて行くだけで一苦労
 ⇒といった方必読です!お子様の受診の際の注意点はこちらをクリック!

ご予約・お問い合わせ 06-6491-6480

お問い合わせメールフォームへ