一般歯科


ちゃんと毎日歯をみがいているのに何で虫歯になるの?

患者さんからよく耳にする質問です。

ズバリ!"みがいている"のと"みがけている"のは違います。

まずは、虫歯の原因から考えてみましょう。

虫歯は、ある要因が重なった時にできます。




この3つの輪が重なった時に虫歯になります。

歯をみがいていても虫歯になりやすい人、あまり歯をみがいていないのに
虫歯になりにくい人が出来てしまうのはこの為です。

人の口の中には、歯や歯ぐき、舌などに
300~400種類 数千億個の細菌がいます。


人が食事をするとその細菌達も食事をします。

すると細菌達は歯を溶かす酸を作り出し歯を溶かしていき
虫歯になるのです。

それには唾液の量や酸を中和する能力(緩衝力)食べ物が停滞する時間
など様々な要因が関わりますが、全ての要因を改善するのは、
なかなか難しいものです。

そこで、3つの輪の1つだけを改善してあげる
ことによりぐっと虫歯になりにくくなるのです。

一番カンタンなことは食物を減らしていくこと、
…つまり歯みがきをすることです。


歯みがきをすると細菌数も減り、歯みがき粉に
含まれるフッ素により歯を強くすることができる
などいいことずくめです。

― しかし!! ―

歯磨きで取れない汚れもあります。

歯石や古い歯垢などは歯みがきでは取れません!

半年以上歯医者さんでクリーニングをしてもらっていない方は、
多くの方にその汚れが存在します。

まずは歯医者さんでしっかりクリーニングをし、
1度汚れをリセットして、そのキレイな状態を
毎日の正しい歯みがきで維持していくことが大切です。

当院では…




の連携で虫歯からあなたを守ります。


人により状態が異なる為定期的検診のサイクルやホームケアグッズの
ご提案などを行っております。

まずは歯科医師、歯科衛生士にご相談下さい!
院長、衛生士、スタッフが使用している魔法のように
汚れが取れるハブラシも販売しています。


ご予約・お問い合わせ 06-6491-6480

お問い合わせメールフォームへ